犬がくしゃみを頻発!犬のくしゃみ・鼻水とアレルギーの関係

犬 アレルギー TOP > 犬のアレルギー症状を知ろう! > 犬がくしゃみを頻発!犬のくしゃみ・鼻水とアレルギーの関係

犬がくしゃみを頻発!犬のくしゃみ・鼻水とアレルギーの関係

犬の鼻水の原因って?

犬の鼻水の原因って?

犬が鼻水を垂らしていたりくしゃみをしたりするのを見ると、犬も風邪をひくことがあるのか!と親近感を持って若干ほほえましく思ったりすることもありますが、その原因を知るとそんな悠長なことは言っていられません。

犬の鼻水には、真菌やウイルス、細菌などへの感染症のほか、歯周病や花粉症、タバコの煙や香水に対するアレルギー、そして高齢の場合はガンの可能性もあります。犬はよく鼻をなめているので鼻水が出ているだけではなかなか気づきにくいかもしれませんが、大量の鼻水を出していたり、膿や血が混じっていたりする場合など、明らかな異常が見られる場合はすぐに病院で診てもらいましょう。

もちろん、私たち人間と同じように気温の変化や体調のちょっとした変化によってくしゃみ・鼻水が出ることは犬にもありますので、さほど深刻にならなくてもいいケースもたくさんあります。必要以上に神経質になることはありませんが、たかがくしゃみ・鼻水の向こうにはこうした大きな疾患が隠れている場合があることは覚えておきましょう。

病気が疑われるくしゃみの特徴

では、くしゃみ・鼻水を伴う病気とそれぞれの場合の特徴について、そのちょっとした差異から異常を感じ取ることができるよう、代表的なものについて見てみましょう。

ウイルス感染
くしゃみ、鼻水だけでなく咳などの症状もあらわれます。軽い風邪の場合はすぐに治りますが、ジステンバーウイルス感染症など重傷化することで嘔吐や下痢、麻痺などの症状を伴うようなものもありますので、長引く場合は抗生剤を投与する場合もあります。
真菌・細菌感染
カビに感染するクリプトコッカス症など真菌や細菌の感染症にかかると、くしゃみ、鼻水のほか、息苦しさや痙攣などを伴うこともあります。
ガン
高齢になって鼻腔内に腫瘍ができるとその刺激によってくしゃみ、鼻水が出ます。軽く見逃してしまいがちな症状ですが、これも長引く場合は病院で診てもらいましょう。
歯周病
膿のような粘度の高い鼻水やくしゃみが出ている場合は歯周病が原因であることが多いようです。歯磨きをしていない犬は特に歯周病の恐れがありますので注意しましょう。

犬のアレルギーによるくしゃみ

犬のアレルギーによるくしゃみ

犬も人間と同じように花粉アレルギーでくしゃみや鼻水が止まらないといった辛い症状が出ることがあります。花粉だけでなく温度差やハウスダストなど原因はいろいろありますので、まずは病院で検査をしてアレルゲンをチェックしてもらいましょう。

アレルギーによる鼻水やくしゃみの特徴は、それ以外の症状を伴わないことです。鼻水はさらっとしたものから粘度の高いものまで幅がありますが、膿のようなものは混ざっていません。ただし症状が続いているまま放置することによって慢性化したり、副鼻腔炎や蓄膿症を引き起こしたりする場合もあります。1回や2回くしゃみしたくらいならばかわいいな、と見守っていればいいかもしれませんが、数日経っても治らないようであれば、必ず病院へ連れていきましょう。

痒みと同様、鼻水やくしゃみも症状が続くとストレスが溜まってきます。そのストレスが他の病気を呼び込んでしまうこともありますので、アレルゲンを避けるよう注意し、免疫機能を正常に保つことを心がけてあげましょう。

time

▲ このページの先頭へ