涙や涙やけが心配!犬の涙・目やにとアレルギーの関係

犬 アレルギー TOP > 犬のアレルギー症状を知ろう! > 涙や涙やけが心配!犬の涙・目やにとアレルギーの関係

涙や涙やけが心配!犬の涙・目やにとアレルギーの関係

涙やけ・目やにが生じてしまう原因は?

犬の毛はなぜ抜けるの?

涙がたくさん出ることで生じる涙やけや、ホコリや皮脂腺の分泌液・粘液などが固まってできる目やに。これは犬にとてもよく見られる症状の1つなのでつい放っておいてしまっている飼い主さんもいるかもしれませんが、その背後には病気やアレルギーが隠れています。

食生活や環境の問題
まぶたによって角膜や結膜が傷つけられる眼瞼内反症や逆まつげ、生まれつき鼻涙管が狭い、あるいはだんだん狭くなる鼻涙管狭窄など
食生活や環境の問題
フードの添加物や粗悪なタンパク質が体内に溜まって涙やけや目やにの要因を作っている、あるいはフードの成分に含まれるアレルゲンやハウスダスト、花粉によるアレルギー反応など

こうした原因に合わせて飼い主さんは何らかの対策を講じなければなりません。愛犬がいつも眼をかゆそうにしていたり、涙やけができていたり目やにが出ていたりする場合には、まず病院で診てもらい、何が原因となっているかを調べてもらいましょう。

鼻涙管狭窄・眼瞼内反症など病気の可能性

鼻涙管狭窄・眼瞼内反症など病気の可能性

鼻涙管とは涙が目から鼻へ流れる通路のことで、それが生まれつき狭い、あるいはだんだん狭くなっていく病気のことを「鼻涙管狭窄」と言います。これが完全に塞がると「鼻涙管閉塞」と呼ばれる状態になります。先天的な原因の場合は手術、異物の混入や炎症、外傷といった後天的な原因がある場合にはそれを取り除く、というのが一般的な治療ですが、目頭から鼻にかけて温タオルでマッサージを行うことで鼻涙管を拡げる効果が期待できるので、飼い主さんも家で是非やってみてあげてください。

眼瞼内反症とはまぶたが内側に反っている症状をあらわしますが、これを発症するとまばたきをするたびにまつげやまぶたが眼球を傷つけてしまいます。また眼瞼内反症になると結膜炎・角膜炎・流涙症などを引き起こしやすく、目やにやまぶたのけいれん、涙やけなどの症状を伴い、ひどくなると視力が著しく低下したり失明してしまったりすることもあります。原因は遺伝的なものが多いと言われており、症状がひどい場合は眼に刺激を与えている部分のまつげや被毛を抜く、あるいは手術による整形を行うといった治療が行われます。

犬のアレルギーによる目やに

犬のアレルギーによる目やに

花粉やハウスダスト、フードに含まれるアレルゲンに対してアレルギー反応を起こし、その結果として目やにや涙などの結膜炎のような症状が出ることがあります。鼻涙管狭窄や眼瞼内反症との見分け方としては、両目に症状が出ているかどうかをまずチェックすること。アレルギー反応の場合は必ず両目に症状が出ます。両方の鼻涙管が狭くなっている場合や両方のまぶたに内反症が起こっている場合がないとは言い切れませんが、逆に言えば片目だけに症状が出ている場合はアレルギーではないと思っていいということですね。

アレルギーが原因で結膜炎のような症状を起こしている場合には、点眼などの治療を行うと同時に、環境やフードといった外的要因を改善する必要がありますね。それと同時に免疫異常を起こしている体質を改善することも考えてあげましょう。

time

▲ このページの先頭へ