ひどい抜け毛は病気のサイン?犬の抜け毛とアレルギーの関係

犬 アレルギー TOP > 犬のアレルギー症状を知ろう! > ひどい抜け毛は病気のサイン?犬の抜け毛とアレルギーの関係

ひどい抜け毛は病気のサイン?犬の抜け毛とアレルギーの関係

犬の毛はなぜ抜けるの?

涙やけ・目やにが生じてしまう原因は?

犬の毛が抜ける理由はいろいろとあります。毛の長さや色によって派手に抜けたり知らない間に抜けていたりするので犬種によってその見え方は様々ですが、人間と同じ毛周期による日常的な抜け毛のほか、春と秋の換毛期に大量に毛が抜ける犬種もいます。これらは病気ではないので心配する必要はありません。

それ以外に犬の毛が抜ける要因としては、病気やアレルギーなどが考えられます。毛が抜けた場所をずっとなめている場合や、毛の抜けた部分の皮膚に湿疹や赤みなどが見られる場合は、アレルギーを含む皮膚疾患が懸念されますので、一度お医者さんに見せてみましょう。

また、犬は長い間ひとりぼっちにされたり、スキンシップをまったく取らなかったりすることでストレスを溜め込んでしまいがちで、それよって毛が抜けることも少なくありません。そういったサインを見逃さないよう、換毛期以外に抜け毛があるかどうかは飼い主さんがしっかりチェックしてあげたいですね。

犬の換毛期と換毛サイクル

犬の被毛の生え方ストレスや病気による抜け毛をしっかり見極めるためには、まず換毛期についてよく把握しておき、その区別ができるようにならなければなりません。

換毛期とは、年に2回、春と秋に大量の毛が生え換わる時期のことです。冬が終わり、暖かくなってくると冬の間寒さから守ってくれていた毛が抜け、夏用の粗い毛が生えてきます。そして夏が終わって寒くなり始める時期には、今度は夏用の毛が抜けて冬用のふわふわした毛が密集して生えてくるのです。体表面で汗をかかない犬が体温調節をするための仕組みの1つですね。

犬には上毛(1次毛)と下毛(2次毛)という2種類の毛が1つの毛穴から生えているダブルコートと、上毛(1次毛)しかないシングルコートという2種類のタイプがいます。換毛期に生え換わるのは下毛(2次毛)なので、シングルコートの犬には換毛期がありません。

ダブルコート ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、ミニチュアダックスフンド(ロングコート)、チワワ(ロングコート)、柴犬、ポメラニアン、コーギー、ミニチュア・シュナウザーなど
シングルコート ヨークシャー・テリア、ミニチュアダックスフンド(スムースコート)、パピヨン、チワワ(スムースコート)、プードルなど

犬のアレルギーによる抜け毛

犬のアレルギーによる抜け毛

食べ物からアレルゲンを摂取してしまったときのアレルギー反応や、皮膚のバリア機能が落ちているときに細菌に感染するなどの症状として抜け毛が発生することがあります。毛が抜けているときに最も気をつけなければならないのは原因が上記のような場合。これは放置しておくと悪化し、より深刻な疾患を引き起こしかねません。

抜け毛を発見したときは以下のポイントにあてはまるかどうかを見てみてください。

  • 毛が抜けた部分にかゆみや湿疹が発生している
  • 全身ではなく一部分だけごっそり毛が抜けている
  • 体の左右対称に同じ箇所の毛が抜けている

上記のいずれかまたは複数にあてはまる場合は、アレルギー症状としての脱毛を疑ったほうがいいでしょう。お医者さんに連れていって一度診断してもらうのが賢明です。アレルギー症状であった場合には、検査をすれば何がアレルゲンであるかを知ることもできます。

time

▲ このページの先頭へ