犬のアレルギー症状を知ろう!

犬 アレルギー TOP > 犬の腸内環境はどこで判断できるの?うんちトラブルのないワンちゃんでも腸内環境が乱れていることがある > 何歳になっても食糞をしてしまうワンちゃん…パイナップルもシロップも効かなかったワケ

何歳になっても食糞をしてしまうワンちゃん…パイナップルもシロップも効かなかったワケ

犬がうんちを食べてしまうのをやめさせるためにできること

犬がうんちを食べてしまうのをやめさせるためにできること

犬が食糞をやめない原因には複数あると言われていますが、胃腸の消化機能が落ちていることが大きな要因の1つと言われています。消化機能を正常化するために添加物の少ないフードに変える、腸内環境を改善するなどの対策がまず考えられます。

そういった対策を講じたにも関わらず、どうしても食糞が治らないという場合には、うんちを食べることがクセになっている、うんちを食べると喜ばれると思い込んでいる、あるいはトイレ以外の場所でうんちをして怒られたことなどがきっかけでうんちをすることにストレスを抱えていてそれが原因で食べてしまう、といった可能性もあります。

そうしたクセや勘違いを正すには、犬が排便をしたときに飼い主さんは平静を保ち、だまってゆっくり糞を片付け、うんちをしたことを報告に来た場合のみ静かにご褒美を与える、といったことを試してみましょう。というのは、排便したときに慌てて片付ける、場所を間違えたときに激怒する、排便した時に大袈裟に褒め称える、といった飼い主さんの感情の起伏の激しさが犬の精神状態を脅かしている可能性があるからです。あくまで冷静に、「排便は日常のなんでもないことの1つ」という印象を与えるよう心がけてみましょう。

パイナップルやシロップは本当に効くの?

愛犬の食糞に悩む飼い主さんなら一度は耳にしたことがあると思いますが、

  • パイナップルを与える
  • 食糞防止シロップをフードに混ぜる

といった手段が食糞解消法として世に出回っています。

いずれも、食べるときは甘くておいしいのでパクパク食べますが、糞に混ざるとものすごくまずくなるため食糞が治まるという仕組みです。パイナップルは舌に刺激があり、糖分も多く含まれていますので、与える場合は少量にとどめておきましょう。シロップはメーカーが定める用量と用法に従って与えてください。

パイナップルもシロップも、うまくいった!というケースもあれば、まったく効かないというケースもあります。クセや勘違いが原因で食糞を続けている場合はこれで治れば万々歳ですが、消化機能が悪化している場合はただ糞がまずくなったから食べなくなったというのでは問題は解決していませんので注意してください。

犬の腸内環境サプリで食糞対策!

犬の腸内環境サプリで食糞対策!

食糞の原因がクセや勘違い、あるいは精神的に圧迫を感じているといったものである場合は、治すために必要なのは飼い主さんのブレない静かな対応です。しかし、消化機能の低下など腸内環境に原因がある場合は、根本から改善しなければ、仮に食糞をやめたとしても体内の状況は変わっていないため、むしろそれで飼い主さんが安心してしまっては後に大きな病気となって表れる危険性があります。

その懸念をなくすには、食糞以外の健康状態をしっかりチェックすることです。軟便や皮膚の痒み、目やに、抜け毛、鼻水などが発生していないかよく観察してみましょう。少しでも気になることがあれば、腸内環境の悪化を疑ってみてもいいかもしれません。そしてその場合は犬専用の腸内環境サプリで食糞と合わせて一気に改善を狙ってみてください。

腸内環境が悪いととにかく元気が出ません。人間もこれは同じですよね。食糞は不調を訴えられない愛犬がメッセージを伝える唯一の手段かもしれないのです。やめさせることばかりを考えるのではなく、それを引き起こしている原因を精査して、愛犬の健康を取り戻すために飼い主さんができることをしてあげて欲しいと思います。

time

▲ このページの先頭へ